地中を守れ!!高断熱・高気密!!!

さてさて、地熱住宅レポート。
前回は・・・アイヌのチセ住宅のお話をしました。

今回は・・・地中を冷やさないためには!!というサブタイトルでもつけておきましょう
夏の間に地面が蓄えた熱・・・
この『地熱』を、冬まで持ち越す・・・つまり、本格的な冬になる途中で、建物の下の地面を冷やさないようにすれば良い!!ということです。
まず、『床下=室内』と考えます。
ということは、従来のように床下に換気口を作っては・・・
がぴゅ~ぴゅ~室内(床下)は冷え放題

床下空間=室内・・・なわけですから、基礎にも外断熱施工をします。ここで、注意したいのは防蟻処理です。床下を室内と考えるので、科学物質は使ってはいけません
ちゃんと、自然素材(ヒバ油・液体化の炭など)を使用してください。

しかし、室内(床下)を冷やさないよう努力しても、その上の建物本体が冷え込んでしまっては意味がありません。なので、『外断熱+高気密』の住宅にしなければいけないのです。
また、窓にも注意してください。断熱的に弱い窓では、また意味なしになってしまいますから、高気密・高断熱サッシ(二重サッシetc.)は必須になってきます。
室温が床下の地中温度を決め、地中温度が室温を支える・・・持ちつ持たれつの関係ということですね。

ここが、「地熱住宅」になるか、単なる高性能住宅に終わるかの分かれ目となってしまうわけです・・・一般の高気密・高断熱サッシの目的は、暖房熱を逃がさないためですが、「地熱住宅」の窓の目的は、夏のささやかな地中温度を冷やさないで持ち越し、暖房なしでも生活できるお家にするためなのです。目的は明確に違うということです。

高断熱・高気密がどれだけ大事か・・・
お分かり頂けましたでしょうか?

私も・・・だんだんに消化出来てきた気がします・・・
どんな自然素材があるのか?とかは解りませんが・・・

一緒に、がんばって地熱住宅を知っていきましょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白ちゃん

Author:白ちゃん
日々の勉強の成果!ドタバタな奮闘ぶり??を、とても温かい社名&社風のあっとホームがお送りしちゃおうかと思います。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード